会社の商号

会社の名前を商号といいます。
ご自分の会社の名前を考えるのは
ワクワクして楽しい時間音譜

商号を決める際には
以下のルールを確認しましょう。

前株か後株か

社名の前後どちらかには必ず「株式会社」と付ける。

同一住所で同一商号は使えません

会社法の施行により緩和された規定です。
該当するケースはほとんどないと思いますが、
念のため類似商号調査を行えば万全です。

使用できる文字の種類

漢字、ひらがな、カタカナ、ローマ字、一定の符号が使用可能です。

使えない言葉

銀行業や信託業を行う会社以外で
「銀行」「信託」の言葉は使用できません。
また、「支社」「支店」「事業部」といった文字も使用不可です。

公序良俗に反する言葉は使えません

一般的な常識ですよね。。。

有名企業と同じ商号も避けましょう

世間一般的に名の通った企業と同じ商号は避けましょう。
会社法、不正競争防止法等で罰せられる可能性があります。

一般社団法人の設立に関するご相談

一般社団法人の設立に関するお手続きについて、設立・許認可専門の行政書士がご相談承ります。お電話またはメールにて、お気軽にお問い合わせください。

Copyright(c) 2010- 一般社団法人設立代行@東京/東京台東区 増村行政書士事務所 All Rights Reserved.