定款の作成

会社を設立する際に、定款の作成があります。

定款とは、会社の基幹を記したルールブックのようなものです。
「会社の憲法」と呼ばれることもあります。

この定款には大きく3項目を記していきます。

絶対的記載事項
必ず記載しなければならない事項です。
この項目が1つでも欠くと定款事態が無効となってしまいます。

・商号
・会社の目的
・本店所在地
・設立時に出資される財産の価額または最低額
・発起人の氏名(名称)・住所
・発行可能株式総数

相対的記載事項
記載が無くても定款が無効となりませんが、記載することで対外的に効力を発揮できる項目です。
相対的記載事項は、相当な種類に及びますので一例をあげておきます。

・株式の内容についての規定(譲渡制限、取得請求権付又は取得条項付の定め)
・株券を発行するか、不発行とするか
・取締役会、会計参与、監査役、監査役会、会計監査人、委員会の設置に関する規定

任意的記載事項
定款に記載すしなくても効力が発生する項目です。
あえて定款へ記載することで、社内の関係者を拘束する内容となります。
以下はその一例です。

・会社の事業年度
・公告の方法
・株主総会の議長

定款は、設立する会社の内容に応じて「絶対的記載事項」に様々な項目を追加して作成していきます。
現在インターネット上には無料で入手可能な定款のひな形が沢山あります。
使用する際には、内容をよくよく吟味して選ぶ必要があります。

一般社団法人の設立に関するご相談

一般社団法人の設立に関するお手続きについて、設立・許認可専門の行政書士がご相談承ります。お電話またはメールにて、お気軽にお問い合わせください。

Copyright(c) 2010- 一般社団法人設立代行@東京/東京台東区 増村行政書士事務所 All Rights Reserved.