一般社団法人とは?

一般社団法人は、平成20年12月1日から施行された「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」により設立が可能となった法人格です。
営利 (剰余金の分配)を目的としない団体については、事業の公益性の有無にかかわらず、設立登記をすることで「一般社団法人」という法人格を取得することが可能となりました。
一般社団・財団法人は原則「非営利」ですが、株式会社と同じように利益追求型の事業も、社員や会員のための共益事業でも行うことが可能です。
一般社団法人は、設立手続きも比較的容易となっています。
設立時社員が最低2人いれば、公証役場で定款の認証を受けて登記申請をすることで設立することができます。

一般社団法人の主な特色

  • 団体の公益性・目的は問わずに登記だけで設立可能。
  • 設立時社員2名以上で設立が可能。
  • 設立時の財産保有規制は設けない。
  • 社員、社員総会及び理事は必ず置かなければならない。
  • 理事会、監事又は会計監査人の設置が可能。
  • 設立時財産は必要ないが・基金制度を採用できる。
  • 社員による代表訴訟制度がある。
  • 原則課税のグルーフと原則非課税グループに区分される。

一般社団法人の設立に関するご相談

一般社団法人の設立に関するお手続きについて、設立・許認可専門の行政書士がご相談承ります。お電話またはメールにて、お気軽にお問い合わせください。

Copyright(c) 2010- 一般社団法人設立代行@東京/東京台東区 増村行政書士事務所 All Rights Reserved.