行政書士の仕事

行政書士とは「行政書士法」という法律によって存在が認められた
国家資格者のことです。

この法律のなかには、行政書士の業務について
以下のように定められています。

他人の依頼を受け報酬を得て
①官公署に提出する書類の作成
②権利義務に関する書類の作成
③事実証明に関する書類の作成をする。

では、それぞれの内容はどんな書類があるのか見ていきます。

①官公署に提出する書類の作成
 官公署(各省庁、都道府県庁、市・区役所、町・村役場、警察署等)に
 提出する書類の作成
 同内容の相談や書類を官公署に提出する手続について代理すること
 を業としています。
 その書類のほとんどは許可認可(許認可)等に関するものですが、
 身近な物としては、出生届けや婚姻届などもあります。

②権利義務に関する書類の作成
 権利の発生、存続、変更、消滅の効果を生じさせることを目的とする
 意思表示を内容とする書類をいいます。
 主なものとしては、遺産分割協議書、各種契約書、念書、示談書、
 協議書、内容証明、告訴状、告発状、嘆願書、請願書、陳情書、
 始末書、会社設立時などの定款等があります。

③事実証明に関する書類の作成
 普段の生活上の様々な権利利益を守る為に、
 必要な事実を証明する書類のことです。
 主なものとしては、実地調査に基づく図面類
 (位置図、案内図、現況測量図等)、
 各種議事録、会計帳簿、申述書等があります。
 
ただし、弁護士や税理士等の他士業の独占業務にあたる内容は
行政書士としては書類作成できません。

記事を書くのも疲れるぐらい、行政書士の業務の範囲は
とても広いです。
そのため、行政書士は専門分野に特化することにより
その分野について、より高度に専門性を高めた
サービス提供しようと努めています。

もし皆さんが、行政書士に相談される場合には、
その行政書士は何を専門としているのかを確認してみてください。

この言葉が一番合うと思います

一般社団法人の設立に関するご相談

一般社団法人の設立に関するお手続きについて、設立・許認可専門の行政書士がご相談承ります。お電話またはメールにて、お気軽にお問い合わせください。

Copyright(c) 2010- 一般社団法人設立代行@東京/東京台東区 増村行政書士事務所 All Rights Reserved.