縁の下の力持ち

サラリーマン時代は、ずっと営業職やってたけど、
対等な立場での取引なんて存在しなかったように思う。

当たり前なのかもしれませんが、どうしても買ってもらう側が弱いと言うか。。。
理不尽な理由で取引先に怒られたこともあった。
悔しくて悔しくて、お客さんに噛みつくことも何度かドンッ
(営業マンとしては失格ですね汗

営業マン=丁稚奉公してくれる何でも屋

このイメージを払拭したくて、この「対等な立場」に拘ってました。

でも行政書士となった今、「その立場が対等なのかどうか」は
自分の中ではあまり意識しなくなったような気がします。

お客様からお問い合わせを貰い、そして面談で更に詳しいお話を伺う。
その中で、お客様が困ってることや疑問点について説明させてもらい
「会社設立」という一大イベントをより良い方向へ案内できたらと思うんです。

行政書士は、お客さんの縁の下の力持ち

行政書士の業務はとても広範囲だけど、どの業務にもこの言葉が一番当てはまる。

一般社団法人の設立に関するご相談

一般社団法人の設立に関するお手続きについて、設立・許認可専門の行政書士がご相談承ります。お電話またはメールにて、お気軽にお問い合わせください。

Copyright(c) 2010- 一般社団法人設立代行@東京/東京台東区 増村行政書士事務所 All Rights Reserved.