古物商許可について

町でよく見かける「リサイクルショップ」「中古PCショップ」
これらの店舗を営業する際に必要となるのが
「古物商許可」
この「古物商許可」とは、一体どんな内容なのでしょうか。

まず最初に「古物」とは、
一度使用された物品や、新品でも使用のために取り引きされた物品、
及びこれらのものに手入れをした物品を「古物」といいます。

古物は、古物営業法施行規則により、次の13品目に分類されています。

(1)美術品類
(2)衣類
(3)時計・宝飾
(4)自動車
(5)自動二輪車及び原動機付自転車
(6)自転車類
(7)写真機類
(8)事務機器類
(9)機械工具類
(10)道具類
(11)皮革・ゴム製品類
(12)書籍
(13)金券類

古物商(こぶつしょう)とは、上記の古物営業法に規定される
古物(中古品)を売買する法人・個人を指しています。

古物営業には、盗品等が持ち込まれるおそれがあります。
そのために、古物営業法により都道府県公安委員会の許可を
得る必要があるのです。

ネット上にホームページを開設して古物取引を行なう場合には、
さらに公安委員会への届出が必要となります。
届け出られたURL等は、公安委員会のホームページに掲示されます。

古物を扱う営業には、下記のような種類もあります。

古物市場主

古物市場とは古物商間での古物の売買、交換するための
市場をいいます。古物市場の営業を営むため、
公安委員会から許可を受けた者が「古物市場主」です。

古物競りあっせん業

インターネット・オークションサイトの運営者を指します。
インターネットを利用して、古物を売却しようとする者と
買い受けようとする者との間でオークション(競り)が行われる
システムを提供する営業のことです。
こちらも公安委員会への届出が義務付けられています。

この届出とは別に、古物競りあっせん業者は、
その業務の実施の方法が、国家公安委員会が定める盗品等の
売買の防止及び速やかな発見に資する方法の基準に適合していると、
公安委員会の認定を受けることができます。
この認定を受けると、サイトに認定マークを掲示できます。
(認定による優遇措置は有りません・・・)

一般社団法人の設立に関するご相談

一般社団法人の設立に関するお手続きについて、設立・許認可専門の行政書士がご相談承ります。お電話またはメールにて、お気軽にお問い合わせください。

Copyright(c) 2010- 一般社団法人設立代行@東京/東京台東区 増村行政書士事務所 All Rights Reserved.