合同会社の業務執行社員

太陽の日差しにちょっと恐怖を感じてきました。
今日も負けずに外回りしますけど・・・

先ほど、うちの会社設立サイトへどんなキーワードで
見に来てくれているのか、アナリティクスを見ていました。

「合同会社」が上位にあるので以外でした。

確かに合同会社についての問い合わせもあるので
皆さん関心があるのでしょうか。

「株式会社」と比べて「合同会社」はまだまだ認知度が低いので
興味はあっても、その内容までは分からない点が多いのかもしれません。

先日も電話にて業務執行社員の決め方について問い合わせを頂きました。

「1人会社でも業務執行社員を決めるのですか?」

合同会社は、出資者=経営者が基本です。

※株式会社のように所有と経営の分離原則ではありません

さらに合同会社は1人での設立が可能です。
その方が自動的に代表社員となり業務執行社員にもなります。

1人しか社員が存在しないので当然です。
定款には確認の意味で記載はします。

複数の社員で合同会社を設立する場合はどうでしょうか。

もちろん「出資者=経営者」の基本は変わりません。
しかし、例外的に
「お金を出すけど、会社の経営には参加しない社員」をいる場合です。

例えば3人で出資をして合同会社を設立します。
そのうちの2人が会社を経営し、残る1人は出資をするだけ。
この場合に上記の2人を「業務執行社員」に選任します。

「お金を出すけど、会社の経営には参加しない社員」は
株式会社で言うところの「株主」に似た存在でしょうか。

合同会社は機関設計の自由度も高く、
設立費用も株式会社に比べてローコストです。

小規模ビジネスを始めるには、向いていると組織形態です。

これから更に合同会社の設立も増えてくるでしょう

一般社団法人の設立に関するご相談

一般社団法人の設立に関するお手続きについて、設立・許認可専門の行政書士がご相談承ります。お電話またはメールにて、お気軽にお問い合わせください。

Copyright(c) 2010- 一般社団法人設立代行@東京/東京台東区 増村行政書士事務所 All Rights Reserved.