会社設立のその後に

会社を設立して、登記申請も無事完了。
これで会社設立の手続きは終了です。

いよいよ事業のスタートとなりますが
その前に、もう一回法務局へいきましょう。

会社設立後に、
法人名義で銀行口座を開設したり
税務署への届け出に必要となる
全部事項証明書(登記簿謄本)を取得します。

この全部事項証明書には、

・履歴事項全部証明書
・現在事項全部証明書
・閉鎖事項全部証明書

3種類があります。

どれを取得するのかというと

履歴事項全部証明書です。

設立したばかりなんだから
履歴なんてないよ!!

と、思われるかもしれません。

しかし、会社の証明といった場合には、
履歴事項全部証明書を使用します。

税務署へ提出する法人設立届出書に
現在事項証明書を添付しても
受け取ってもらえませんでした・・・シラー

あと、ついでに
印鑑証明書
印鑑カードの取得も済ませておけば完璧ですね!!

一般社団法人の設立に関するご相談

一般社団法人の設立に関するお手続きについて、設立・許認可専門の行政書士がご相談承ります。お電話またはメールにて、お気軽にお問い合わせください。

Copyright(c) 2010- 一般社団法人設立代行@東京/東京台東区 増村行政書士事務所 All Rights Reserved.