古物商許可の変更や書換え

古物商は、営業内容に変更が生じた際には、
公安委員会に変更届書を提出する必要があります。

変更届の提出期限

古物商許可の変更届は、
登記事項証明書を添付する場合は、20日以内
それ以外の場合は、14日以内と定められています。

変更届が必要な場合

・営業者の氏名及び住所又は居所
 (法人ならば名称、所在地及びその代表者の氏名)。
・営業者又は古物市場ごとに主な取扱品目の変更。
・管理者の氏名及び住所。
・古物商の場合に、行商を行うかどうか。
・法人の場合には、役員(監査役を含む)の氏名及び住所、辞任や就任。
・営業所の増設(新たに管理者を定める必要があります)、
 移転、廃止、名称の変更。
・管理者の変更、住所変更。

※他の都道府県にも許可がある場合、以下に掲げる事項の変更届は、
 いずれかの公安委員会に届け出れば、
 他の公安委員会に届け出る必要がありません。

・許可を受けた者の氏名又は住所の変更
 (法人の場合には、法人の名称又は法人の所在地の変更)。
・許可を受けた者が法人の場合には、全ての役員に関して
 氏名又は住所の変更。

変更届出書の提出先

同一の都道府県で営業している場合

・古物商許可申請書を提出している警察署(経由警察署)へ
 変更届けを提出します。

  例外として

・営業所の名称及び所在地
・営業所ごとに取り扱う古物品目の区分
・管理者の氏名及び住所

  上記に変更があった場合には、
  営業所を管轄する警察署にも変更届けを提出することが可能です。

複数の都道府県で営業している場合

以下の点に変更があった場合には、いずれかの公安委員会に
変更届けを提出します。

・氏名若しくは名称又は住所若しくは居所
・法人の代表者の氏名
・法人の役員氏名及び住所

許可証の書換え

変更届出書を提出する際に、変更点が以下の許可証の記載事項に
該当する場合は古物商許可証の書き換えを受ける必要があります。

・氏名又は名称
・住所又は居所
・代表者の氏名
・代表者の住所
・行商をしようとする者であるか否か

一般社団法人の設立に関するご相談

一般社団法人の設立に関するお手続きについて、設立・許認可専門の行政書士がご相談承ります。お電話またはメールにて、お気軽にお問い合わせください。

Copyright(c) 2010- 一般社団法人設立代行@東京/東京台東区 増村行政書士事務所 All Rights Reserved.