一般社団法人の基金

一般社団法人の基金とは?

一般社団法人は、設立際して一定額の財産の確保を設立要件としていません。つまり、最低基本財産などの規定はありませんので、基金0円で一般社団法人を設立することもできます。しかし、基金0円では法人の運営をしていく上でも困難な場合が多々あります。そのため、法人の活動資金を調達し、その財産的基礎の維持を図ることを目的とする「基金制度」(社員や社員以外から法人の責任財産となる財産の拠出を募ること)が用意されています。
この基金制度を採用する場合は、基金の拠出者の権利に関する規定や基金の返還の手続方法を必ず定款に定める必要があります。また、基金制度についての最低金額の制限などは一切なく、金銭以外の不動産など(現物を拠出する)を基金と定めることも可能です。
いったん採用した基金制度を廃止することはできないことになっています。

基金の拠出

基金の募集をしようとするときは、募集に係る基金の総額などの募集事項を定め、基金の引受人に対して、募集事項などを通知します。
基金の引受人は、期日内に自分の拠出する基金を払い込んだり、又はそれぞれの基金の払込金額に相当する現物拠出財産を引き渡します。

基金の返還

一般社団法人は、ある事業年度に係る貸借対照表上の純資産額が基金等合計額を超える場合、その事業年度の次の事業年度に関する定時社員総会の前日までの間に限って、その超過額を返還の総額の限度として、基金の返還をすることができます。ただし、基金の返還に係る債権には利息をつけることができませんので注意して下さい。
基金の返還は、法人財産の流出を意味するものですので、定時社員総会の決議を要します。

代替基金

基金を返還する場合、返還をする基金に相当する金額を代替基金として計上する必要があります。そして、その代替基金は取り崩すことができません。

一般社団法人の設立に関するご相談

一般社団法人の設立に関するお手続きについて、設立・許認可専門の行政書士がご相談承ります。お電話またはメールにて、お気軽にお問い合わせください。

Copyright(c) 2010- 一般社団法人設立代行@東京/東京台東区 増村行政書士事務所 All Rights Reserved.