一般社団法人の理事

理事は、社員総会での決議に基づき、法人の業務を執行することになります。また、社員総会に付議する議案を審議しますが、理事が2人以上いる場合には、理事の過半数をもってその決定を行うことになります。
代表理事を定めないときは、理事が一般社団法人を代表することになり、複数いる場合は、全員が一般社団法人を代表します。代表を定める場合には、理事の互選又は社員総会の決議によって、全理事の中から代表理事を選任します。
重要な職員の人選などは、代表理事や理事会の権限に従うとする一般社団法人が多いのですが、業務執行を行う上で重要な事項ですので、この決定は理事長単独で決定するのではなく、理事全員もしくは理事会で慎重に決定すべきこととされました。
また、法人法では、理事の中でも代表者を補佐し、業務執行にあたる者を特に「執行理事」と定めることができるようになりました。理事会の中にさらに特別な人が集まることがあるような場合には、一般の理事と執行理事をきちんと区別することも可能です。

一般社団法人の設立に関するご相談

一般社団法人の設立に関するお手続きについて、設立・許認可専門の行政書士がご相談承ります。お電話またはメールにて、お気軽にお問い合わせください。

Copyright(c) 2010- 一般社団法人設立代行@東京/東京台東区 増村行政書士事務所 All Rights Reserved.