一般社団法人の理事会

理事会は、すべての理事で組織し、理事会設置一般社団法人の業務執行の決定、理事の職務の執行の監督、代表理事の選定や解雇等の職務を行います。
なお、重要な財産の処分や、多額の借り人れ、重要な職員の選任・解任などは、代表理事などに委任することはできません。

理事会が理事に委任する事が出来ない事項

  • 重要な財産の処分および譲受け
  • 多額の借財
  • 重要な使用人の選任および解任
  • 従たる事務所その他の重要な組織の運営
  • 理事の職務の執行が法令および定款に適合することを確保するための体制、その他一般社団法人の業務の適正を確保するために必要なものとして法務省令で定める体制の整備
  • 役員等の損害賠償責任の免除

理事会の決議は、原則として議決に加わることができる理事の過半数が出席し、その過半数の賛成でもって行うことになります。その際、その決議について特別の利害関係を有する理事がいる場合は、その理事は、議決に参加できません。
さらに、法人法では、理事会への委任出席、代理出席、書面表決が一切できなくなりました。

理事会の決議の省略について

理事会設置型の一般社団法人は、議決の省略ができます。これは、理事の全員が書面やネット上などで同意の意思表示をすることで、その議案を可決する方法です。
この理事会の決議の省略をする場合には、定款にその旨を定めておく必要があります。

理事会の開催義務と議事録の作成について

理事会は、3ヶ月に1回以上開催することが原則です。しかし、定款で定めることで、毎事業年度最低2回に減らすこともできます。
理事会の議事については、議事録を作成し、理事会のあった日から10年間は主たる事務所にて保管します。

一般社団法人の設立に関するご相談

一般社団法人の設立に関するお手続きについて、設立・許認可専門の行政書士がご相談承ります。お電話またはメールにて、お気軽にお問い合わせください。

Copyright(c) 2010- 一般社団法人設立代行@東京/東京台東区 増村行政書士事務所 All Rights Reserved.