一般社団法人設立に必要な書類

一般社団法人を設立するためには、以下のような書類を作成する必要があります。
※設立する法人の定款の内容や機関設計の違いにより、必要となる書類に若干の違いがあります。

一般社団法人の定款

設立時社員全員の個人の実印を押印し、3部作成します。これは、法人での保存用と法務局提出用、そして謄本となります。

定款認証の委任状

設立時社員が全員で公証役場へ出向くことが難しい場合、そのうちの1人を代理人として認証を受ける際に必要となります。

設立時社員の印鑑証明書

定款に押印された設立時社員の印を証明する為に必要となります。法人が社員となっている場合は、その履歴事項全部証明書も必要となります。

設立時理事の印鑑証明書

設立時代表理事の印鑑証明も必要となります。理事会を設置しない法人の場合は理事全員の印鑑証明書が必要となります。

代表理事の選定書

代表理事の選定を証明する書類となります。定款に記載されていても作成します。

設立時の役員(理事、代表理事、監事)が就任を承諾したことを証する書面

役員全員の就任承諾書を作成します。代表理事は、理事でもある為に承諾書も2部必要となります。理事会を設置しない法人の場合は理事の就任承諾書のみとなります。

登記事項につき設立時社員の一致があったことを証する決議書

定款に具体的な事務所所在地を記載いていない場合や定款に理事や監事を記載しない場合には、社員が全員一致で決定した事を証する決議書を作成します。

一般社団法人設立の登記申請書

代理人が登記申請する場合には、その代理人の住所・氏名を記載します。

登記申請の委任状

代理人が登記申請する場合に必要となります。

OCR用紙

法務局に所定の用紙が置いてあります。登記事項を記載します。

印鑑届書

法務局に所定の用紙が置いてあります。法人の実印となる法人代表印を押印します。

一般社団法人の設立に関するご相談

一般社団法人の設立に関するお手続きについて、設立・許認可専門の行政書士がご相談承ります。お電話またはメールにて、お気軽にお問い合わせください。

Copyright(c) 2010- 一般社団法人設立代行@東京/東京台東区 増村行政書士事務所 All Rights Reserved.